看護師に必要な3年制の短期大学で学ぶこと

看護学校では、単位を取得して看護師の勉強をしていく訳ですが、短期大学や専門学校の3年制の学校の場合は、どういったカリキュラムが用意されているのでしょうか。

短期大学や専門学校は、4年制と違い1年短いですから、一般教養よりも専門的知識の割合が多くなっています。
1年次には、講義としての基礎科目、専門的基礎科目、専門科目を学んで、看護師のための基礎を作っていく時期になっています。
そして2年次ですが、専門科目をやり、そこから臨地実習になっていき、引き続き3年次も臨地実習を行なっていくのです。

このように、3年制の場合は、ほぼ専門的知識の勉強が中心となっていて、臨地実習をする前に簡単な実習も行なうと思います。
これも患者の生活のための着替えや食事の介助などがメインとなっており、基礎的なことから徐々に習うのです。

専門学校と違い、3年制の短期大学は通常の4年制看護大学より早く受験資格を得られる以外の良い所は存在します。
それは、別の学科に移っても取得した単位が認められていて、合う合わないで変えられ、看護師になるための選択肢として必要とされているでしょう。

3年制の学校は、種類がたくさんあって迷うかもしれませんが、自分の進む道を見つけやすいかもしれません。

 

看護師に必要な4年制の大学で学ぶこと

看護師の仕事をするために通う看護大学は4年制ですが、4年間の間にどんなことを勉強するのでしょうか。

まず1年次には、看護に必要な基礎知識である基礎看護学概論を勉強しながら、一般教養や知識も学ぶために、普通の大学のような科目も勉強するのです。
もう2年次からは、基礎になる実習が始まり、1年次で勉強していた看護の基礎知識や技術はマスターし、専門的な科目の勉強も始まると思います。
3年次には、基礎ではなく臨地実習が始まり、4年次には、高度な専門的知識や取りたい資格の実習や卒業に向けての準備が必要になっていくでしょう。

このように4年制の大学では、短期大学と比べたら一般の勉強もあり、長く時間が使える分だけ専門的知識も深く学べるのです。
また実習にも時間を割いているので、イメージと違うと思いますが、即戦力としても期待されているでしょう。

4年制大学の中には、看護学の大学院へ進める大学も存在していて、修士課程や博士課程もあるのです。
昔は、看護師と保健師の両方の受験資格を得るには、別々に行なう必要がありましたが、大学のカリキュラムの中で一遍に勉強できるようになっている所も多くなっていると思います。

4年制大学を勉強して、看護師になった方が色んな知識を持て、幅広い選択肢があるかもしれません。

 


|