看護師になるために必要な論作文の作り方

看護師の仕事をするために入学する看護学校の試験には、論作文を作り提出する必要があるでしょう。
どんな所を注意して、論作文を作っていかないといけないのでしょうか。

看護学校の試験問題だからと言って論作文の作り方は、基本的に一緒でテーマとストーリーがハッキリしていて、起承転結されていればいいと思います。
試験問題に関わらず、このような文章は、分かりやすく、です・ます調で丁寧に書かれていたらいいでしょう。

論作文の問題は、どんな課題が出るかだと思います。
一般的だと自分のことや夢、尊敬する人とかが出されるのだと思いますが、看護学校だと、何故看護師を選ぶのか、医療問題などが問われる可能性もあります。
このような看護師についてどう思うかという可能性も高いですが、一般的な物もありますから客観的な視点で書けるようにしていればいいでしょう。

論作文や小論文の提出ですが、課題文や資料を見せられて、独自の意見を述べよという内容の物もあり、論理的な考え方もですが、自分がしっかりした意見を持っているのかどうかも見られています。
このような学校によって、出題される物も違ってきますので、よく調べて研究して試験に備えるといいでしょう。

 

看護師になるための看護学校で学ぶこと

看護師の仕事をする上で多くのことを看護学校で学ぶと思いますが、どんなことを学んでいくのでしょうか。

科目としては、基礎分野、専門基礎分野、専門分野に分けられていて、多くのことを学びます。
基礎分野では、社会科学や自然科学、外国語などの人間の基礎になる部分を学んでいき、学校によっては、ボランティア科目もあるそうです。
専門基礎分野では、解剖生理学、栄養学、社会福祉学、公衆衛生学などの病院で働いていくための基礎になる知識を学んでいくことが多いでしょう。
そして専門分野では、看護学として、小児、成人、老年、母性、精神の看護学を学び、幅広い知識を身に付けていくのです。

これらの知識も勉強するのですが、実習も多く経験し、計93の単位を取得し、看護学校を卒業していきます。

このようなことを勉強して、看護師を目指していく訳ですが、どのタイプの学校に行くとしても変わらないことがあります。
それは、医療は医師や患者に対してのコミュニケーションが大切でもあり、対応力も必要で、知識だけでは学べないものも教えてもらうのです。

看護師になるには、これらのことは、どれも大切なことになっていますので、しっかり勉強する必要があるでしょう。


|