短期大学で一般的教養を学び看護師になる

看護短期大学を卒業することによっても、国家試験の受験資格を得られ、看護師の仕事をするために必要なことでしょう。

この看護短期大学でも専門学校と同様に受験資格を貰えるのですが、一般の短期大学とは違い、2年間ではなく、3年間通う必要があるでしょう。
3年間なら専門学校と同じような感じがしてしまいますが、大きく違っている部分があって、専門学校より一般的な勉強もある程度力を入れています。
しかし、短期大学から看護師を目指す方は少なく、全体の5%程しか短期大学出身の人はいなくて、専門学校や大学の中間的な存在であるので、少ないのでしょう。
ですが、大学病院が持っている短期大学だと、そこ出身の人が多く働いている場合もあるので、働きたい場所によっては、短期大学を選んでもいい場合があるのではないでしょうか。

短期大学への入試は、国語、数学、理科、英語などの一般科目による試験が主になっています。
このように専門知識も勉強しますが、一般教養も勉強するのが短期大学になっているのですが、通う年数が3年間であり、4年制の大学が存在しますからあまり人気がないのが現状になっています。

勉強も医療も勉強して、早く看護師になりたい方は短期大学がいいと思いますが、4年制の看護大学の方がいいかもしれません。

 

看護大学でしっかり学んで看護師になる

看護師の仕事をするために、今までは専門学校を卒業してからの国家試験の受験が一般的でしたが、4年制の看護大学が割と増えてきています。

最近の医療では、専門的な知識や新しい発見や医療器具、最新技術で日々発展していますので、大学でより専門的なことを学ぶ人が増えているのです。
また医療の現場でも、看護師に求めている内容も増えてきていて、より詳しい人を望んできているのが現状だと思います。
そのような専門知識に加え、一般的な教養も教えてくれるのが、看護大学になっていて、教育レベルも高いところが多いでしょう。

専門学校や短期大学だと併設されていない場合が多い助産師や保健師の専攻を履修することによって、こちらの受験も出来ますので、色々な資格が受けれるメリットも大きいと言えるでしょう。
大学によっては、養護教諭の受験資格も得られる大学もあるそうで、将来のことを考えれば、大学は選択肢が多いと思いませんか。

このように大学を卒業して、さまざまな資格を取得すれば、看護師として病院で働くだけではなく、保健師や養護教諭など色々なところで活躍できるのではないでしょうか。
そのまま病院で働くとしても、最先端の技術を学んでいれば、病院でもしっかりと働けると思います。

 


|